安心して新築一戸建てを購入するために!お金や住宅ローンに関する情報のまとめ!

新築一戸建ては多くの人が憧れている住まいです。
広々としたリビングダイニングに、広大な庭では誰にとがめられることもなくBBQや家庭菜園を楽しめます。
しかしながら一戸建てを購入するのは、人生最大の買い物等言われるほど多くのお金がかかるんです。
それゆえ住宅ローンなどについてしっかりシミュレーションすることも大事です。
当サイトではそうしたまとめをご紹介します。
当サイトが皆様の戸建てこう縫うに役立つことを祈っております。

安心して新築一戸建てを購入するために!お金や住宅ローンに関する情報のまとめ!

新築一戸建ての購入には、数千万円から億のお金がかることを覚悟しなければなりません。
多くは住宅ローンを組んで返済をしていくのですが、緻密な計画がなければ家計は火の車になって返済が滞ることも珍しくありません。
新築一戸建てのローンを組む前には、自己資金はいくらであるか、毎月の収入と家計費などを洗い出しファイナンシャルプランナーのアドバイスを受けて購入の意思決定をすることが大事です。
ローンも一般的な銀行ローンのほか、フラット35があったり、住宅ローン減税などもあるので、自分がそれらに適応するのかなど確認することも大事です。

新築一戸建てを契約し引き渡しまでのスケジュール

新築一戸建てを購入するときのスケジュールですが、気に入った家が見つかって購入を決断すれば購入申込書に署名と捺印をして数万円の申込証拠金を支払います。
次にローンの事前審査を受けて内定すれば、宅建士から重要事項についての説明を受けたあと本格的に売買契約をします。
これが本契約なので、そのあと万一辞退することになれば違約金が発生するので注意が必要です。
そして本契約を締結すれば、ローンの申し込みをします。
事前審査で内定をしているので本審査でもほぼ大丈夫ですが、なかには否認されることもあります。
ローンが通らなければ家を購入することができないので、本契約は撤回になりますが、ローン審査に通らなかった場合の辞退については特別に可能ですが期間が決まっているのでその間にする必要があります。
ローンに通過できれば不動産業者の決めた日に引き渡しとなります。
新築一戸建てでも注文住宅の場合は売買契約の対象は土地だけで、あとで建築業者を探して別で契約を結ぶことになります。

新築一戸建ての購入費用は相見積りで比較

新築一戸建てを購入することは多くの人の憧れです。
新築の場合は誰も使っていない家ということもあり、設備も最新のものが用意されています。
さらに工法も最新鋭のものが取り入れられていることも多く、耐久性や耐震性の面でも安心できます。
気持ちよく生活をスタートできるのもメリットですが、やはり新築一戸建てとなると購入には多くの費用も発生します。
気になる物件が見つかった場合は複数の不動産点に相見積りを依頼することがおすすめです。
どこで購入してもそれほど変わらないと考える人もいるかもしれませんが、不動産業者によって手数料も変わります。
仲介手数料やローン代行手数料、書類の作成費用なども比較してできるだけ安く購入できる業者を選んでいきましょう。
注文住宅で新築一戸建てを購入する場合も、選ぶ業者により費用は大きく変わってきます。
工務店やハウスメーカーに依頼する場合も複数社から見積りをしてもらい、金額を比較しておくことがおすすめです。
ただ安いだけで選ぶのではなく、どのような工事が行われるのか、どんな材料を使うのかなどもしっかりと確認しておきましょう。

新築一戸建ての購入で必要となる自己資金の具体的な金額

子供の頃から夢だった新築一戸建て住宅を購入する場合、必要な自己資金はどのようなものでしょうか。
新築一戸建て住宅を手に入れる場合には、通常は住宅ローンを組むはずです。
住宅ローンを組む場合には、頭金が必要になりますがこれは決まった金額はありません。
ただ一般的には500,000円位のお金は用意しておかなければいけないものです。
もしそれが用意できない場合は、頭金なしの住宅ローンを組むと良いかもしれません。
最近はそのような種類の商品も増えており、選ぶのもそこまで難しくありません。
それ以外は、初期費用は用意しておきたいところです。
具体的な初期費用として考えられるのは、仲介手数料になるでしょう。
仲介手数料は、物件価格のおよそ3%になっていますのでまず物件価格がいくらかを確認し、それに0.03を掛け算してみます。
それによりおおよその金額が出ます。
それ以外にも、火災保険を加入や不動産登記の費用等合わせて400,000円ぐらいは用意しなければいけません

新築一戸建ての購入時に利用する住宅ローン

新築一戸建てを購入する時には、頭金だけを準備して後のお金は住宅ローンを用いることが多いです。
実際に、申請を行うときには不動産会社との取引を行いながら進めていくことが一般的ですので、それまでにサービスを利用するかということを考えておく必要があります。
住宅ローンは、固定金利や変動金利などいくつかのサービスが提供されていますので、その時代の経済状況や将来的な同行を加味しながら正しい選択をしていく必要があります。
普通は、不動産会社からどういったサービスが良いのかのアドバイスをもらうこともできますが、急いで取引を進めてしまうとこういった重要な部分で間違いを犯してしまう可能性も存在します。
長期的な観点から返済をしていくことが普通なので、最初の段階でサービスの選択をミスしてしまうと将来的な返済に不安が生じる可能性も出てきます。
そのため、新築一戸建ての購入で初めて利用する人は必ず正しい選択ができるように準備を整えておかなくてはいけません。

著者:仁木高一

筆者プロフィール

鳥取県米子市生まれ。
大学卒業後、長年ハウスメーカーに勤務。
新築一戸建ての情報をネットで発信しています。
鳥取で新築 一戸建てを建てる!